プロじゃなくてもできること:その2「申請料?」

プロではなくてもできることのひとつに、役所などへの各種申請があります。

もちろん特定の国家資格がないとできない申請や、プロでないと書類作成できないような専門性を要する申請もありますが、
お客様ご自身でできる申請もたくさんあります。

一般に業者はこれをお客様に代わって行うことで、その手数料を頂戴します。

ここで大事な視点が、「たいした手間や専門性を必要としないのに、高すぎないか」。
種々の申請代行手数料は、ネット検索で簡単に事例が拾えることが多いです。
一度世間相場をチェックしてみて、相場より高すぎる場合はその理由を業者に確認してみるとよいと思います。

お客様自身が申請を行うことは、費用削減のひとつのポイントとなるわけですが、
残念なことに業者の中には「いろいろ難しいこともありますから」とあいまいな説明をして、これをお客様に譲らないケースもあります。
確かに、お客様が申請書不備などで申請が下りるのが遅れると、工期に影響が出るなどの懸念もないわけではありません。
それでも、業者はお客様の申請書作成の難しいところを支援(サービスあるいは小額で)するなどして、「プロにしかできない付加価値」だけで勝負する努力もできるはずです。