傾斜地が多い横浜/神奈川だからこそ

横浜市内をドライブしていると、「坂道」を走っていることが多いことに気づきます。

横浜に限らず、神奈川県は、起伏のある傾斜地を宅地として開発しているエリアが多々あります。
当然に個々の住宅については、接道部分やカーポートが傾斜地であったり、隣地との間に段差があったりなど、平坦地と比べて特殊な条件下にあり、水はけや土留めの強度など、外構工事では構造的な知識・ノウハウと、その施工技術が十分な水準にあることが必須となります。こういった部分への配慮が不十分なまま、見てくれの美観だけで作ってしまうと、実際に生活するうえであれこれと難儀に出くわすことになってしまいます。宅地の周辺一帯が傾斜地にある場合は、後悔しないためにも一度プロの見解をとってみることが無難です。