品川区U様邸 庭木の剪定

今年も庭木のお手入れを、と毎年声を掛けて下さるU様。
外構をお造りしたのが2010年でしたので、10年近いお付き合いとなります。

今年も行ってまいりました。
上の3枚は剪定後の写真、下の3枚が剪定前の写真です。
作業後1.jpg 作業後2.jpg 作業後3.jpg
  (↑剪定後) 
  (↓剪定前)
作業前1.jpg 作業前2.jpg 作業前3.jpg

樹木と人とが共生するためには、定期的な植栽管理が必要になります。
U様邸では毎年、樹木の剪定と消毒を行っております。
写真の通り、景観が良くなったのが分かりますね。

剪定とは、樹木の姿を美しく整えるだけではなく、余分な枝や葉を落とすことで樹木の健全な生長につながります。
根から吸収した栄養が行き届きやすくなったり、日当たりや風通しが良くなったりするからですね。
また剪定は、新芽を出しやすくしたり、花や果実を大きくしたりするためにも行われます。
そして樹木が健康であるということは、病害虫の予防にもなるのです。
防犯の観点からも、お庭を整えることは効果があるそうですよ。


カテゴリ:

剪定しました ートキワマンサクー

季節の移ろいとともに、次々と様々な花が咲き、心躍る時季となりました。
木々の成長も著しく、時には剪定が必要となります。

置き場のトキワマンサクも伸び放題…
花期の終わったこの時期、剪定をします。
剪定前後の写真を公開しましょう。
ずいぶんとスッキリしました。

P_20190516_053524.jpg P_20190519_120418.jpg

 

造園工事 稲城市T様邸

T様邸の造園工事が完工いたしました。

施工事例をご覧下さい。
https://cocoroex.com/works/style/natural_country/190035/

T様のご希望に沿ったプラン作りをさせていただき、思い通りのお庭になりました。
施工前の写真と併せてご覧下さい。
DSCF7515.JPG ⇒ IMG102412.jpg

高さの異なる6本のダークカラーの角柱がアクセントになっていますが、これは目隠しを兼ねたもの。
ご自宅の窓と一体化して、遊び心にあふれていますね。
角柱はアルミ素材、軽くて耐久性に優れたものです。

飛び出した点検口は高さ調整を行い、地面と一体になりました。
土とピンク砂利のツートンカラーが、やわらかくリズミカルな印象。

前面にはエゴノキを植栽。
エゴノキは初夏に釣鐘状の白い花を枝いっぱいにつける落葉樹で、趣ある樹形が、
庭木に人気の樹木です。
DSCF7514.JPG
写真では見づらいですが、角柱の奥、窓からも見えるところに西洋シャクナゲも
植樹されています。
美しく大きな花をつけるツツジ科の花木です。


既存のヤマボウシは・・・?



主庭に移植されました。
オリーブ・ヤマボウシ・シマトネリコと3本の樹木が並んでいます。

花・緑・果実・・・季節の移ろいが楽しめるステキなお庭になりました。

DSCF7578.JPG ⇒ IMG102316.jpg

 

カテゴリ: